サンワーク・ネット横手

事業目的

~あなたの「したい」をかたちに~

サンワークネット横手はあなたの「働きたい・充実した生活を送りたい」という気持ちを応援します。

1.就労移行支援事業 (定員14名)

一般就職を目指すためのお手伝いをします。「働きたいけど、自信がない」などの不安を自信に変えられるように自分が行いたい仕事の準備訓練をし、働くための基本的マナーやルールを勉強します。また、段階に応じて求職活動や職場体験実習を行いながら企業が必要とする人材になれるように支援します。

 

就労移行ではこんな訓練やステップがあります!
ステップ1 暫定期間…働くための能力の見極めをし、自分に必要な課題を見つけます!
ステップ2 基礎訓練…清掃、ピッキング、学習会等様々な訓練を通し、働く力をつけます!
ステップ3 体験実習…職場や会社で仕事の体験実習をします!
ステップ4 就職前実習…一般企業や職場で仕事を行い、就職に向けた訓練をします!
       就職・定着…就職後、働き続けるための定着支援をします!

2.生活訓練事業 (定員6名)

自立した日常生活や社会生活をしていく中で必要な能力や知識等の習得を目指します。その中で個別支援計画を基に色々な訓練メニューを経験しながら将来の働き方、暮らし方を選択・決定できるようにお手伝いします。

 

生活訓練ではこんな訓練メニューがあります!

・あいさつ訓練    ・身だしなみの整え方    ・洗濯、たたみ方    ・調理訓練
・清掃訓練      ・金銭管理         ・販売活動       ・通所訓練
・外出訓練
 (買い物、公共交通機関の利用の仕方など)                  などなど

関連機関との連携

ハローワーク、就業・生活支援センター、ジョブコーチなど関係機関との連携をし、バックアップします。

3.就労定着支援事業

障害福祉サービスを利用して通常の事業所へ雇用された利用者に対して、雇用に伴い生じる日常生活または社会生活を営む上での相談、また雇用先の事業主や障害福祉サービス事業者との連絡調整及び連携を行い、利用者の職場への定着及び就労の継続を図ります。

 

地域活動支援センター あいなび

 

相談支援事業所 あいなび

障がいのある方やそのご家族が、福祉に関する様々な問題について、障害のある人等からの相談に応じ、 必要な情報の提供、障害福祉サービスの利用支援等を行うほか、権利擁護のために必要な援助も行います。 また、こうした相談支援事業を効果的に実施するために、地域自立支援協議会を設置し、 中立・公平な相談支援事業の実施や地域の関係機関の連携強化、社会資源の開発・改善を推進します。

平成24年4月1日から、障害者自立支援法の一部改正に伴い、障害福祉サービスを利用されるすべての方々に「サービス利用計画」の市町村への亭主が必要となりました。
当事業所では、支援体制を強化し、みなさまの「サービス利用計画」の作成はじめ、地域生活のお手伝いをしております。

主な相談内容
特定相談支援 「サービス等利用計画」を作成するまでの相談への対応
「サービス等利用計画」の作成/モニタリング/見直し
サービス提供事業者やサービス担当者との連絡調整
一般相談支援 地域生活への移行、地域生活を継続させるための相談への対応
入所施設や病院等から地域生活へ移行するたのめの支援
地域での生活が長く継続できるようにするための支援
障害児相談支援 障害児の通所サービスの利用に関する相談への対応

<運営規定による事業実施エリア> 湯沢市・羽後町・東成瀬村・横手市
<対応する主たる障害種別> 身体障がい・知的障がい・精神障がい

4名の相談支援専門員が対応しております。費用は無料です。お気軽にご相談ください。

利用までの流れ

image015